wpa_supplicantでTLSのデバッグ情報を増やす

環境
・Debian 9
・wpa_supplicant v2.4

-ddオプションを使用していても,TLS周りのデバッグ情報の詳細は出ない.
初期インストールなwpa_supplicantのTLSはOpenSSLに依存しているようだ.
TLS周りのデバッグ情報の詳細を出力するには内蔵のTLSライブラリを使用するように変更する必要がある.

・コンパイルに必要そうなものをインストール

apt install dpkg-dev dh-make libqt4-dev qt4-qmake libnl-genl-3-dev libpcsclite-dev libdbus-1-dev libreadline-dev libncurses-dev libnl-route-3-dev libtommath-dev

・ソースの取得

apt source wpasupplicant
cd wpa-2.6

・設定変更

vi debian/config/wpasupplicant/linux

L.125付近のCONFIG_EAP_PWDに関して,使用されている変数などがOpenSSLのインクルードファイルに依存している(内部TLSでは使用不可)のでコメント化

# CONFIG_EAP_PWD=y

L.294付近にCONFIG_TLS=opensslとあるのでCONFIG_TLS=internalに変更

# Select TLS implementation
# openssl = OpenSSL (default)
# gnutls = GnuTLS
# internal = Internal TLSv1 implementation (experimental)
# none = Empty template
CONFIG_TLS=internal

\
・コンパイル

dpkg-buildpackage -us -uc -d

で一つ上のフォルダーに.debなファイルが出来上がっているはず

-ddオプションを使用した際のデバッグログに関して,OpenSSLの項目がなくなりTLSv1の項目になっていれば成功
OpenSSL: hogehoge→TLSv1: hogehoge

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.