Synology DS216j simple Benchmark

Synology DS216j simple Benchmark Benchmark soft:Crystal Disk Mark Environment: A client is Windows10 Connection [client]-[1GbE Switching HUB(Allied telesis x510-28GTX)]-[Synology DS216j] MTU:1500 Test: case 1 use 1 HDD(Seagate ST6000DM003) The result is it             case 2 use 1 SSD(SiliconPower S55 480GB) The result is it               Other: Sequential Read/Write is almost 100MBps when using a SSD. This is a limit of GbE. If we use RAID0 and 4 HDDs, throughput may approach the limit of GbE.

Can’t find HDMI/DisplayPort sound device in Radeon RX570 and ASRock B450M Pro4

Environment CPU:AMD Ryzen 5 2400G M/B:ASRock B450M Pro4 VGA:Radeon RX570 Issue I changed CPU and M/B and OS (Windows 10)was not clean installed. So I noticed  that my PC cannot sound through HDMI/DisplayPort. I thought old drivers are evil. So I used DDU because of removing old drivers. After removing them, I reinstall Radeon graphic driver. But my PC can’t recover. Solution A UEFI of a mother board(ASRock B450M Pro4)  is BAD. I install the newest UEFI to a mother board using UEFI menu(Instant Flash). ****warning**** If you update this mother board’ UEFI, you MUST go through a few steps. MUST READ YELLOW TEXT of this page *****************  

メモ raddebugを用いたfreeradiusのDebug方法

・テスト環境 Debian jessie radiusd.confに新たにListenするコントロール用ソケットを追加. # vi /etc/freeradius/radiusd.conf listen { type = “control” socket = “/var/run/freeradius/radiusd.sock” mode = rw } 追加したソケットに対しraddebugコマンドを実行. # raddebug /var/run/freeradius/radiusd.sock   接続時など,RADIUSにトラヒックが流れt場合にデバッグメッセージが流れる.

Radiusが使用するTLSの暗号スイートを制限する

WPA2-Enterpriseな無線環境かつPEAPやEAP-TLS等,認証時にTLSを用いるものに関して,TLSが使用する暗号スイートを制限する方法   ・テスト環境 Debian 8(jessie) FreeRADIUS Version 2.2.5 OpenSSL 1.0.1t ・設定箇所 vi /etc/freeradius/eap.conf eap { … tls { … # Set this option to specify the allowed # TLS cipher suites. The format is listed # in “man 1 ciphers”. cipher_list = “DEFAULT” … } … } cipher_listのDEFAULTを別のものに変更し,freeradiusを再起動すれば適応される. 選べる選択肢はコメントのとおり,man 1 ciphersで表示されるマニュアルのCIPHER STRINGSの項目通り. 意図的に楕円暗号ではなくRSAを使用したい場合(通信をキャプチャし復号したい場合)はRSAと指定しておく.

wpa_supplicantのデバッグログ取得

-ddオプションでログを取得可能 mschapv2のチャレンジなどは取得可能 鍵情報などは[REMOVED]と表示され隠されるのでQ&Aなどに貼り付けるならこれでいいのかもしれない [REMOVED]される要素を表示させるなら-Kオプションを追加

wpa_supplicantでTLSのデバッグ情報を増やす

環境 ・Debian 9 ・wpa_supplicant v2.4 -ddオプションを使用していても,TLS周りのデバッグ情報の詳細は出ない. 初期インストールなwpa_supplicantのTLSはOpenSSLに依存しているようだ. TLS周りのデバッグ情報の詳細を出力するには内蔵のTLSライブラリを使用するように変更する必要がある. ・コンパイルに必要そうなものをインストール ・ソースの取得 ・設定変更 L.125付近のCONFIG_EAP_PWDに関して,使用されている変数などがOpenSSLのインクルードファイルに依存している(内部TLSでは使用不可)のでコメント化 L.294付近にCONFIG_TLS=opensslとあるのでCONFIG_TLS=internalに変更 \ ・コンパイル で一つ上のフォルダーに.debなファイルが出来上がっているはず -ddオプションを使用した際のデバッグログに関して,OpenSSLの項目がなくなりTLSv1の項目になっていれば成功 OpenSSL: hogehoge→TLSv1: hogehoge

Latex 画像内のSymbolフォント埋め込み

Texlive2017+WIndows10な環境で

でEPS画像あたりに含まれていたSymbolフォントが標準では埋めこまれない場合の対処法の覚書 C:\texlive\2017\tlpkg\tlgs\Resource\Init\gs_pdfwr.ps 33-38行目あたりの

から /Symbolを削除することで対応